10月26日は柿の日 第三回柿の日俳句大会作品募集のお知らせ

2017年9月14日

10月26日は俳人、正岡子規が「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」の句を詠んだとされることにちなみ、平成17年に全国果樹研究連合会が「柿の日」として制定しました。

JAこま野では、柿の日にちなんで「柿の日俳句大会」を開催してきました。全国の皆様から多くの俳句作品を募集致します。

なお、今回から表題の「柿」だけでなく、桃・スモモ・葡萄・さくらんぼなどのフルーツを季語にした作品も募集します。ふるってご応募されるようご案内申し上げます。

●募集期間●1709081678_01.indd

平成29年9月14日(木)~平成29年10月13日(金)

●応募用紙●

<応募用紙のダウンロードはコチラ>

●募集要項●

様式は裏面の投句用紙か、ご自身で用意して頂いたものに、お名前・住所・電話番号・生年月日をご記入いただき、JAこま野の各支所に提出又は郵送して下さい。
・ どなたでも一人何句でも応募できます。
・ 必ず「柿・桃・スモモ・葡萄などの果樹」の季語を入れてください。
・ 作品は、自作で未発表のものに限ります。
・ 二重投句は硬くお断りします。

●主催●

巨摩野農業協同組合

●共催●

南アルプス市

●後援●

南アルプス市議会
南アルプス市商工会
南アルプス市教育委員会
南アルプス市観光協会

●応募方法●

投句用紙(コピー可)又はご自身で用意して頂いた用紙に必要事項を記入し、JAこま野の各支所へお持ちいただくか郵送して下さい。

●投句締切●

平成29年10月13日(金)必着
投句後の訂正や作品の返却はできませんのでご注意ください。

●選者●

(五十音順 敬称略)
巨摩野俳句会
加藤勝 小林久子 斎藤史子
瀧澤和治 保坂敏子 宮沢健児

●賞●

大会会長賞
南アルプス市長賞
南アルプス市議会議長賞
南アルプス市商工会長賞
南アルプス市教育長賞
南アルプス市観光協会長賞
JAこま野果実部会長賞

●審査・発表●

10月中旬に審査を行い、各賞を決定いたします。
その後、JAこま野公式ホームページ、広報誌などでお知らせいたします。
また、入選者には文書でお知らせいたします。

●表彰式●

10月31日(火) 午後2時~
JAこま野在家塚支所(JAこま野道の駅しらね農産物直売所) 2階

●展示●

応募作品はJAこま野道の駅しらね農産物直売所にて展示いたします。

●その他●

応募いただいた作品は、JAこま野の広報活動に利用させていただくほか、JAこま野の各施設での展示などに使用させていただきます。

●お問い合せ先・投句先●

〒400-0306 南アルプス市小笠原455
JAこま野「柿の日俳句大会」事務局 有野・土師
☎055-283-7111 (平日 午前8時30分~午後5時)